お金を稼ぎたい時には、収益率がポイントになる事も多いです。できるだけ利回りが高いものが望ましいと思っている方も多いですが、ネットビジネスはその数字も期待できます。投資信託などの商品と比べると、比較的稼げる傾向があるのです。

投資信託という商品の利回り

投資信託は、資産運用を専門家に任せる商品になります。例えば株の運用を金融の専門家に任せてみる訳です。株だけでなく、不動産や外貨など色々な投信の商品があります。投信で資金積み立てをしている方も多いです。
投資信託は、あまり自分で頭を使う必要はありません。専門家が資産運用を代行してくれるからです。
ところで投資信託の利回りは、5%ぐらいになっているケースが多いです。ローリスクな投信の商品ですと、やはり5%目安になるでしょう。10%前後の投信の銘柄もありますが、ややリスクは高くなります。

ネットビジネスの利回りはどれぐらいか

ところでネットビジネスも、お金を稼ぐことはできます。このビジネスは、たまに上述の投資信託と比較されている事があるのです。利回りの数字を基準に、両者が比較されているケースもあります。
ネットビジネスは、投信よりは利回りが良いという声も多いです。例えばFXというネットビジネスがありますが、上手く運用すれば年利20%ぐらいは期待できます。リスクはありますから、それを上手くコントロールする必要はあるものの、ポイントさえ押さえておけば20%ぐらいの利回りは可能です。増し玉などの方法を活用すれば、さらに利回りを大きくする事もできます。
人によっては、もっと大きな利回りを記録している事もあります。独自の自動化のシステムを構築した結果、500%を超えている実例もあるぐらいです。投資信託という商品ですと、そこまでの利回りを記録するのは困難です。

大きく資産を増やしていける魅力

ただし500%などの利回りを記録するまでは、若干時間はかかります。最初の内はコツが分からないので、なかなか利益が発生しないケースもあります。
しかしビジネスが軌道に乗ってきますと、お金を複利で動かす事もできるようになります。そこまでのレベルに達すると、100%などの利回りも決して不可能ではありません。
投信のように年利5%ですと、資産を増やすのは相当時間がかかってしまいます。その点ネットビジネスは、かなり大きく資産を増やせる可能性を秘めている訳です。その可能性に魅力を感じて、ネットビジネスを始めている方も多いです。