バーチャル通貨とは、インターネット上でならどこでも誰でも役に立つ通貨の事で、「暗号通貨(クリプトカレンシー:cryptocurrency)」とも言われます。ブロックチェーンや電子署名といった「暗号技術」の取り合わせでインターネット上に影響しているもので、現金のように現物を手にとって決済するという事はないのです。バーチャル通貨は「ナカモトサトシ」という、正体不明の経済学者によって投稿された論文で初めてその具体的な形が示され、はじめのバーチャル通貨「ビットコイン」が誕生しました。バーチャル通貨で決済の可能な店舗が次第に増加してきていますが、ビットコイン決済の可能なショップであれば、たとえ外国にあるショップであっても全く同じようにビットコイン決済をする事ができます!つまり、バーチャル通貨決済に国境はない、と言えます。バーチャル通貨決済の可能な店舗が一層広がっていけば、外国旅行に行くケースにわざわざ両替をする不可欠がない、という風になるかもしれません。

バーチャル通貨は、「こんな働きがあったらいいな」という事例には働きを付け足しするためのアップデートをする事ができます!例を挙げると日本円は、電子マネーやクレジットカードなどのサービスによって有益に機能面で優れたようになりましたが、通貨の働きは常に変わっていませんよね。バーチャル通貨は通貨自体のパフォーマンスをアップデート可能なため、前述の送金詰まりを落着可能なようになったり、決済や送金だけでなく契約書の代わりになるような通貨もあり、どんどん実用的になっていきます。ビットコイン決済の可能なショップ、決済のしかたについては以下の投稿を読んでみてください。日本円というただの金属や紙が美点を持つのは、それを発行する日本政府が信用されているからこそです。銀行にお金を預ける時には通帳に記載された分のお金を払い戻してくれると、銀行に反対に信用を置く不可欠があります。その上、Suicaをタッチした時に表示されている〇〇円というデータを見てその分の調達が可能なと思うのは、JRがそのデータを書き換えたりせず、正しい処理をしてくれると信用しているからこそです。ただし、バーチャル通貨はみんなで警戒をしあっているため、特定の人、団体を信用する必須がないのです。自らが保有しているバーチャル通貨の量は、そのバーチャル通貨のネットワークに関わるみんなが行う作業によって、それが書き換えられないと信用されています。法定通貨では、発行上限が決まっておらず、必須であればどんだけでも発行する事ができます。それ故、とんでもないインフレーションが起こって通貨の美点が急落する事があります。

ただし、多くのバーチャル通貨では発行上限が定められています。ビットコインを例に取ると、ビットコインはマイニングという作業を成功したケースに、新しく発行したビットコインで支払を支払う事で、ビットコインの新規発行が行われていく、という仕組みになっています。マイニングについては後で延べ)。