株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)に勝負をかけるべきか!?

昨今の副業ブーム。捉え方は 人それぞれかと思いますが、政府が副業解禁として身近なワードとなったのは確かでしょう。
私なりに副業について調べたのでランキング形式で発表していきたいと思います!

【第1位】
「アフィリエイト」
アフィリエイトといっても、様々な種類があります。
◎自己アフィリエイトを複数実践する
“メリット”
・いますぐに始められる
・確実に稼げる
・自分で案件を選択できる
・報酬額や成果条件など選択肢が多い
“デメリット”
・継続的に稼ぐことに限界がある
・成果条件に注意しなければならない
・基本的には 1回きりの案件が多い

アフィリエイトを行うのは一番簡単で敷居が低いです。とりわけ自己アフィリエイトでクレジットカード作成や口座開設などが数多くあります。ハードルが低いというのが最大の魅力です。自身の情報を入力するだけで完了するものを選択すればそれなりに稼げます!
◎自分でサイトやブログ作成しアフィリエイト広告を載せる
“メリット”
・人気サイト・ブログにすれば継続的にアフィリエイト収益が稼げる
・コツさえつかめば複数サイト・ブログ運営することが可能
“デメリット”
・サイトやブログ作成に時間が掛かる
・更新作業が大変
・RSSやワードプレスなど若干のスキル・知識が必要

サイトやブログ作成は一朝一夕では完成しません。また常に更新が必要な場合が多く、不慣れな方は時間と労力が掛かることがほとんどです。知識や経験が問われる局面が多々あるので、根気と根性と向上心が必須かもしれません。
また自動アクセスツールなど自身の作業を補助してくれるものが世の中に複数あることもメリットです。

【第2位】
「仮想通貨」
仮想通貨はまだまだ歴史が浅く、今後どのような形・役割を担うか不透明です。
まだまだインフラが整っていない箇所が多く賛否両論ありますよね。
ただし現状から未来を見据えて物事を捉えると、成長途中とも考えれます。
◎現物取引
(例えば日本円からBTC(ビットコイン)を購入し、BTCが値上がりしたタイミングで売却)
現物取引するためには仮想通貨を取り扱いしている取引所の口座開設が必要不可欠です。外貨のように銀行窓口や両替所で交換できるものではありません。
また、仮想通貨現物を購入しガチホ(ガチでホールド)する方も多いです。中長期的な視野で仮想通貨を保有し、値上がりを待つ。簡単な手法です。株の長期保有に似ている側面があると思います。(仮想通貨に配当はありません)

◎アービトラージ
簡単にいうと 商品(仮想通貨)を安い場所で買って高い場所で売ることにより 利益を得る取引です。つまりは仮想通貨の価格が安い取引所で購入し、価格が高い取引所で売却し収益を得る手法です。価格の差額
“メリット”
・収益が目で見て分かる
・自分の判断(裁量)で取引できる
・相場に関わらず取引できる
“デメリット”
・各取引所の価格差を自分でチェックし続けないと成り立たない
・時間と労力が掛かる
・利幅が少ないことが多い

仮想通貨を投機目的で所有している方も大勢いらっしゃると思います。2016年~2017年にかけて仮想通貨バブルがあったことは有名な話です。
単純明快で、安く買って高く売るこの理論が仮想通貨には非常に有効的です。まだまだこれからの部分が多々あるので、現物取引やアービトラージを用いて稼げるジャンルだと断言できます。ただし、詐欺コインや詐欺取引を募集しているサイトがあることも事実です。騙されないためにもしっかり下調べをしてから取り組みましょう。

【第3位】
「せどり」
仮想通貨のアービトラージに似ています。「掘り出し物を 第三者に販売し、利ざやを稼ぐ」という意味です。古本や古着、家電、ブランド品などが有名です。
理論的には“安く買って高く売る”理論です。
古本でも学術的に価値があったり、希少価値があって高く売れるものが多々あります。そんな価値のある商品をワゴンセールなどで見つけたり、家電量販店の特売品を定価近くで販売しても稼げます。いかに安く仕入れるかにかかっていると言っても過言ではありません。近所の本屋・家電屋・リサイクルショップなどで商品を見つけ、市場の適正価格で販売することで利益を確保することができます。
ただ、在庫を抱えてしまったり目標価格で販売できないケースが頻発しないように注意が必要です。そのためには商品の市場価格をチェックする必要があります。いくら安く仕入れても売れなくては元も子もありません。
特売品は特に狙い目です。在庫処分を兼ねて底値で買える場合が多いです。どの商品に狙いを付けるかセンスが問われることもありますが、ネットオークションや比較サイトで商品の価値を調べながら仕入れることで効率的にせどりができます。もちろん現物を購入するのでご自身の経済的な体力がある程度必要な場合もあります。

【番外編】
「株・FX」
株や外貨の取引は最低限の知識が必要です。私の経験上、その知識がないまま手を出すと火傷します。かつ、そのやけどが人生に関わってくるケースも少なくありません。
信用取引やレバレッジを掛けた取引をすると、自身の資金以上に損失がでる場合があります。その場合損失額=借金になってしまします。
稼ぐために取引をしたのに、借金を作ってしまう…本末転倒ですよね。
ランキング1位~3位は自身の資金・時間・経験で身の丈にあった選択肢がありますが、株やFXはギャンブル性が強く確実性に欠けます。
※個人的主観です
株やFXについての詐欺まがいの商品に騙されたというレビューを数多く見ます。詐欺をする奴らが悪いのはもちろんですが、その商品やサービスを選択してしまった方にも落度があることは明白です。いかに情報や商品を見極めるか、そこにかかっています。

副業系のビジネススクールや商材に溢れるこの世の中で何を選択し、何を実行するかはアナタ次第です。私は今までの経験を生かして「株式会社フロンティア」の「Tech Sign (テックサイン)」に勝負をかけてみたいと考えています!!
特商法を確認すると、
■販売社名
株式会社フロンティア
■運営責任者
吉田一昭
■所在地
151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目47-11 ヴィラセゾン元沢203
■電話番号
03-6233-9270
■メールアドレス
purchase@frt-inc.com

と確認できます。特商法の記載が無いような悪徳業かどうか最低限チェックするように心掛けています。
株式会社フロンティアのテックサインに参加しこれまで騙され詐欺被害に遭ってしまった損失を取り返そうと決意しています!!!
副業初心者にも親切丁寧なサポートが付くようですし、いまなら10万円分の特典が参加者全員に提供されるというのも魅力の一つです。サポートがあれば迷子になる心配も少なくなりますし、軌道修正を随時できると思います。
巷に溢れかえっている“詐欺情報”の中から稼げる“真実の情報”を私は自分の手で掴み取りたいと考え、調べた結果「株式会社フロンティア」の「Tech Sign (テックサイン)」に辿りつきました。これから人生の軌道修正を 全力で取り組んでいきます!

情報を生かすも殺すも己次第…ようはやる気と根性と実行力です!今の世の中、そういった一歩前に踏み出した後が重要です。
○○○するために一歩踏み出しましょう!はもう古いです。皆さん一歩踏み出しているのです。一歩踏み出したからといって結果が伴わないでは意味がありません。
一歩踏み出し、より良い結果を出すために、私は株式会社フロンティアのテックサインに飛び込んでみようと思います。

「仮想通貨とはどんなものですか?」
この質問に答えられる人はほとんどないと思います。
仮想通貨の代表的な通貨ペアは「ビットコイン(BTC)」です。
ビットコインは2008年から歴史がスタートしました。一番最初に値がついたのが日本円で1BTC約0.07円です。2019年現在1BTCが約100万円~120万円の価格上昇していることを加味すると凄い高騰です。約10年の歴史でここまでの知名度と価値を獲得できたのは、ひとえにビットコインの有望性への後押しです。仮想通貨の未来は未知数です。
先見の明がある人は早くからビットコインに注目したかもしれませんが、私は2016年に初めて仮想通貨というものを知りました。そのときすでに価格は100万円前後だったと記憶しています。もっと早くにビットコインを購入しておけば良かったと誰しもが考えたと思います。単純な算数の問題で、1円で買ったものが100円になれば99円の利益です。
認知度が上がり投機目的で購入する人が増えたビットコインは2016年~2017年の間急激な価格変動がありました。価格変動に伴い、現物取引・アービトラージ(差額取引)で簡単に稼いだ方が大勢います。
「あの時ああしとけば良かったなー」など後悔やタラればの話はよくあることです。
仕事や人間関係でも同じことがよくありますよね。
“○○の選択をする時に▲▲を選択していれば出世できた”
“あの人に●●すれば良い関係に発展できた”
などなど後で気付いても手遅れです。

過去は変えれない。その過去の経験を生かし生活していく。
誰しもが一度は考えたことのあるワードかと思います。同じ過ちや選択をしても良い結果にはなりづらいのが世の中です。

私は今までに「全自動○○○ツール」や「○○○ビジネス」といった稼げる系の情報商材を複数購入・参加しことごとく失敗してきました。人生とは儚いもので同じような失敗をしているにもかかわらず騙されてしまうのです。言葉巧みに勧誘され、謳い文句に操られて…手法は様々でしたが購入・参加しようと最終決断をしたのは自分自身です。二十歳過ぎの大人が自己責任で決断したことは結局自分で尻を拭くしかありません。とんとん拍子で借金が膨れ上がりました。あー騙されたと感じた時には時すでに遅し、返金もできず稼げないまま借金だけ残る。絶望しかありませんでした。そんな時に仮想通貨の現物取引で収益が出たのです!私がビットコインを購入したときは約45万円でした。それはたまたま寄った本屋さんで「ビットコインは1000万円以上の価値になる」といった趣旨の経済本を見た際になぜかピンときて即行動しました。なけなしのお金を?き集めビットコインを購入したところ、わずか1ヶ月でビットコインの価格が100万円以上になったのです。こんなに簡単に稼げるんだと強く実感し、と同時に今までの自分の過ちを恥じました。

インターネット商材は基本、○○するだけで~、○○に任せて~、と如何にも簡単そうに誘ってきます。私が経験したのは再現性が高く簡単に稼げると聞いていた“せどりビジネス”と“アフィリエイト広告を多様し人気サイトを作成するビジネス”と“youtuber育成講座のようなもの”です。稼ぐためにその授業料やツール代金として費用がかかるのは仕方のないことかもしれません。だがしかし、再現性が難しい・センスが問われる・作業量が多い、など弊害を伴うビジネスは非常に稼ぎづらいです。理論上稼げることは分かるのですが、言われたことと異なり数字が出るまでかなりの時間と労力が掛かるので、稼げるまでに至らず挫折してしまいました。ビジネスをするのに掛かった資金は1円も返金されず、自分が挫折しただけですが、何か騙された印象しか残りません。
私が取り組んだビジネスはまだマシな方で、インターネットの掲示板や様々な情報を検索してみると、「完全サポートと聞いていたのに電話しても繋がらない」「返金保証ありと表記してあるのに、1円も返金されない」「商品を注文したのに商品が届かない」などあきらかに詐欺と分かるビジネスも蔓延しているようです。そんな悪徳業者に騙されないように自己防衛としてニュースなどで情報を収集することを推奨します。

冒頭で案内した通り、仮想通貨の未来は未知数です。未知数ということは伸びしろがあるということです。値動きが大きく不安定な位置づけですが、まだまだ成長するジャンルで市場規模の拡大が見込める貴重なものです。市場規模の拡大に伴い、価格変動や実生活にも影響してくると個人的に思います。私はあの時ああすれば良かったと後悔しないように行動していいきます!

インターネットビジネスは様々なジャンル存在します。副業に関してハードルが下がったのは良い事です。その影響で、ここ最近至る所で“副業”について目にすることがあると思います。最近では 副業をしてもいいという企業もどんどん増えてきています。
なぜ副業が複数目にすることが多くなったのか、企業が副業を解禁し始めているかをご存知でしょうか?
まだまだ世の中の全ての企業が“副業”を許している訳ではありません。勤めている会社に秘密にしながら副業でコツコツとお金を稼いでいる人は実際に少なくありません。今まで企業が副業を禁止していたのかというと以下の理由があるからではないかと考えられます。
・企業母体そのものに不信感がある
・本業以外にも自分の能力が発揮できるものがある
などがが懸念されています
こういった世の中の流れもあり、様々な団体や企業も徐々にではありますが、副業解禁をし始めるようになってきました。現在では、“副業解禁”について様々な議論を呼んでいますが、私の見解は日本の 財政赤字がひとつの原因ではないかと思います。財政赤字が劇的に変化する兆しは微塵もありません。もう一つ、年金問題も大きな原因かと思います。年金を収める金額も上がってきていますし、将来年金 がもらえるかもわからない状況です。さらには、その年金を受け取ることができる年齢も上がってきていて、最近の政府の発表ですと「70歳まで働こう!」なんて数字も出てきています。政府は国民に「日本はずっと赤字で生活を保障する限界がある。可能であれば自分自身で収入を増やしたり、現役時代に貯蓄に励みなんとか老後を生活してください。」と言っているように感じます。…本業の給料だけで生活・将来の貯蓄 をしていくのは限界があると思います。一部の高給取りの人は関係ない話かもしれませんが、大多数の方々は将来に【不安】しかないと思います。その不安 を少しでも和らげる、解決する為の行動をとっていき、少しでも心配要素をなくすために事前から行動していくのが“最善の行動”ではないでしょうか。副業を始め、収入の幅が広がった人の中には、「副業がいつの間にか本業になっっていた」「あれよあれよ副業の収入が本業を超えていた」なんて夢のような現実の話を聞きます。

私が今回オススメしたいのは、「株式会社フロンティア」の「Tech Sign(テックサイン)」です。まずは無料相談からスタートする予定です。今までの経験を生かし自分の生活を立て直していこうと考えています。良い口コミが確認できますし、サポート体制も万全なようなので踏み出していこうと思います。
(株式会社フロンティア:特定商取引法に基づく表記から引用)
■販売社名
株式会社フロンティア
■運営責任者
吉田一昭
■所在地
151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目47-11 ヴィラセゾン元沢203
■電話番号
03-6233-9270
■メールアドレス
purchase@frt-inc.com
会社の詳細を確認できますし、まず問題ないかと思います!
将来の不安を払拭するために一歩踏み出し、明るい未来を切り開いていきます!

 

代表的な2つのネットビジネスについてご紹介

ネットビジネスとは、インターネット上で行う利益を上げるためのビジネスを意味します。手法の区分や線引きが明確ではないので、ネットビジネスの種類は常に一定ではありません。今回は、数多くあるネットビジネスの中から、代表的な2つのビジネスについてご紹介していきます。
まず1つ目に、アフィリエイトというネットビジネスがあります。アフィリエイトとは、ネット上で商品やサービスを広告主の代わりに販売して、その利益の一部を貰う事が出来る仕組みの事です。アフィリエイトは、営業代行のお仕事に近い特徴があります。商品やサービスを提供している広告主は、何もしなければ売れないので利益を上げる事が出来ません。そこでアフィリエイトを行っている人が、ネット上で広告主の商品やサービスを紹介する事により、販売のお手伝いをします。そこから販売に繋がったら、利益の一部を報酬として貰えるので、広告主とアフィリエイトを行っている人は、WIN・WINの関係を築く事が出来るのです。アフィリエイトで商品やサービスを上手く販売するには、専門的なスキルや手間が必要です。しかし成功者の中には、月収1,000万円以上の報酬を得ている人もいるので、アフィリエイトは夢のあるネットビジネスだといえます。
次の代表的なネットビジネスとして、せどり・転売というビジネスがあります。せどり・転売とは、販売する商品の在庫を最初に自分で仕入れて、どこかの販売経路を通して商品の在庫を売る事により、仕入れ金額と売上げ金額の差額で儲ける仕組みになっています。元々はリアルのビジネスで行われていましたが、近年Amazonや楽天、フリマアプリ、ネットオークションなどといった、ネット上での販売経路の普及によって、ネットビジネスとしても展開する人が増えています。そんなせどり・転売の魅力は、初心者でもすぐに成果を出しやすいネットビジネスである点です。通常であれば、ネット上で販売を行うために広告の存在が必要です。しかしせどり・転売は、既に購入見込者に認知されている商品を仕入れて販売するので、広告の予算や手間が省く事が出来ます。そのため、ネット上の販売経路に出品さえすれば、興味を持った人が検索して探しに来るので、広告で集客をかけなくても商品を購入してもらえるのです。売れ筋の商品を見極め、仕入れて出品さえ出来れば、数日の間に大きな成果を出す事も可能です。そういった意味では、せどり・転売も夢のあるネットビジネスだといえるでしょう。

 

株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)のメリットはコツを手に入れられること

株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を購入して、それを基にしたネットビジネスを始めてみるのがお勧め出来ます。
そもそもそういうネットビジネスの収益というのは副業としてはかなりおいしいものになったりします。上手くいけばそれなりの安定した利益が見込めることが多いです。
しかし、そのための情報がない、ノウハウがない、という人も多いわけであり、そんな人のために株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)がお勧めできるわけです。株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)によってまったくの無知であろうともその人の成功体験をトレースすることができるようになるからです。
株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を手に入れるということはその人の成功した事例をそのまま自分が使うということになりますので成功率は自分でやるよりもはるかに高いとは言えるわけです。実際にかなり難しいこともあります。
しかしそれでもある程度の道のりを前の人が進んだところを進んでいくということになりますので成功する確率というのは高くできるようになるわけです。
それが株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)のよいところであるといえるでしょう。問題は費用です。株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)というのはそれなりに高いということも多いです。
場合によってはもう少し高い株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)のコースなんかもあったりしますから買うのになかなかためらうというようなこともあるでしょう。
株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)であればかなり買う価値があるといえるわけです。
これがノウハウであり、或はコツであることになりますから、それが手に入るということは当然、利点は大きいというのは理解できることでしょう。丁寧なサポートが付いていることもあるでしょうし、何らかの保証なんていうものもあったりするのでそういうところからまずは株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を探してみると良いでしょう。
株式会社フロンティアのTech Sign(テックサイン)を手に入れることによって、まずはそれをトレースして基盤を作れるようになるわけです。

 

スピードが求められるアービトラージでツールを活用

アービトラージは、原則として短期売買になります。スワップ取引のように、数年以上に渡って外貨を保有し続ける訳ではありません。ですから損失を限定する事はできますが、機敏に反応する必要があります。ですから人によっては、ツールを活用してアービトラージの取引をしている事もあります。

アービトラージの損失限定のメリット

アービトラージは、価格差を活用して取引していく事になります。その特性上、基本的には速やかに取引をする事になるのです。新規でコインを保有したとしても、直ちに売却する事になります。それだけに損失額も限定できます。
冒頭で触れたスワップ取引をしていると、かなり含み損が拡大してしまう事があります。長期的にポジションを保有し続ける事になりますから、含み損が大きくなる事は実際あります。それはスワップ取引のデメリットの1つです。
それに対してアービトラージの場合は、基本的にはポジションを速やかに処理する事になります。短期で決済する都合上、損失を限定できる訳です。

反射神経は必要な短期売買

ただ短期で取引する以上は、なるべく速やかに行動しなければなりません。ポジションを保有したら、間髪入れずに決済を行う必要があります。それだけに相場の動きが少々激しい時などは、反射神経が求められる事もあります。
現にデイトレのスタイルで取引をしている方々は、しばしばスピーディーにボタン操作を行っています。余りのんびりしていると、利益を得るチャンスを逃してしまう可能性もあるからです。
ただスピーディーに取引するのは、簡単ではありません。コインの動きによっては、かなりの反射神経が求められる事もありますし、一歩間違うと損失になる可能性もあります。

ツールを活用して高速に取引する

ところでアービトラージの取引は、専用ツールで代行してもらう事もできます。幸いにもアービトラージに関する取引ツールは色々登場していて、無料で利用できるアプリも沢山あります。
それを活用すれば、自動的に取引してもらう事も可能です。自動的に処理してくれるだけでも、大変助かります。
そもそもPCやスマホなどの操作は、ツールに任せる方が良いケースも多いです。ツールなら迅速に自動処理してくれますから、かなりスピーディーに取引してもらう事もできます。ツールに売買を代行してもらう方が、利益率が高まるケースも多いです。
ただしアービトラージの取引ツールは、それぞれ性能も異なります。色々なツールを使い比べた上で、一番高性能なものを使用すると良いでしょう。